fix SPORTS

スポーツ総合情報サイト「fix SPORTS」のブログです。子供と遊べる最新のスポーツイベントや趣味のガジェットやファッションについて書いています。

【レビュー】Anker(アンカー) zolo liberty Bluetoothイヤホンを半年間使ってみた!

 

 

f:id:fix-net:20190122153525j:plain

イヤホンのワイヤレス化が急速に進み、街でワイヤレスイヤホンを使用している人よく見かけるようになりました。ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンにもいくつか種類があるのですが、筆者が購入したオススメの完全ワイヤレス(左右分離型)イヤホンを紹介します。

 

 

 

 

 

Ankerというメーカー

f:id:fix-net:20190122153938j:plain

 大手家電量販店等で取り扱いがほとんどないため、聞きなれない方もいると思いますが、
安価なのに超大容量のモバイルバッテリーや安価なのに高機能なワイヤレススピーカーなどが発売の度に話題になっているメーカーです。 米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、ガジェット好きに知らない人はいないほど周知されている人気メーカーです。 Ankerグループの中で今回紹介する「Zolo Liberty」のイヤホンを取り扱っているのが、「Zolo」というブランドです。

 

 

 

男女兼用のスマートイヤホン

f:id:fix-net:20190122154138j:plain

 

  • ケーブルが全くない
  • 本体もケースも小さめで女性にもおすすめ
  • カラーは2色展開
  • アタッチメントが豊富
  • 音量・音質共に良好
  • 約3.5時間の連続再生
  • 通話可能
  • コンパクトな専用充電ケース付き
  • 防水機能有り

 

【見た目】
ケーブルが完全に無く、可愛いくてスマートなので、女性にもオススメのイヤホンです。

 

【色】
2色展開で白と黒があります。

 

【サイズ】
小さめの作りで耳元が変に目立たいので、オシャレの邪魔をしにくいです。何より軽い

 

【アタッチメント】

f:id:fix-net:20190122155057j:plain

あらゆる耳のサイズに対応できるイヤーチップ×3とGripFitジャケット(イヤージャケット)×4のアタッチメント付きなので、耳が大きめ・小さめの人も安定して装着できます

 

【音】
小さいので音量や音質が気になりましたが、しっかり音量も出ますし、音質も高音から低音までしっかり出ます対応コーデックが「SBC」「AAC」対応で、再生機器が「AAC」対応であれば低圧縮の高音質な音で聴けます。

 

【連続再生】
Zolo Libertyの場合ですが、フル充電で約3.5時間再生できるので、アルバム3~5枚を連続して聴けます。

 

【通話】
マイクが内蔵されているので、音声通話やSiriなどの音声アシスタントを使用できます

 

【防水機能】
IPX5という防水規格の構造が備わっており、小雨や運動中の汗程度なら問題なく使用できます

 

【専用充電ケース】

f:id:fix-net:20190122155508j:plain

高さ約3cm×縦約5cm×横約9cm、重さ(イヤホン込)は約78gで多少重みはありますが、コンパクトで持ち運びしやすいです。ケースから取り出すだけで起動し、5秒程度(初期設定済みで端末のBluetoothがオンの場合)で端末にすぐに接続できます。ケースの側面のインジケーター(ライト)でケースの充電量が確認でき、ケースのフル充電でイヤホンを約6回充電できるので、イヤホンの使用とケースでの充電を繰り返せば約24時間使用できます

 

価格

メーカー希望価格は7,999円(税込)と他大手メーカーの完全ワイヤレスの半分以下のお値段

 

接続端末との相性

公式サイトにも注意書きがありますが、SONYの製品(Xperia,ウォークマン)と相性が悪い機種があるらしく、音が途切れやすかったり、音量の設定が勝手に変わったりしてしまうそうなので、SONYの製品を使っている方はご注意ください。
実機を試してみましたが、Xperia XZ2は音が途切れやすかったです。特に人混みは左側のイヤホンだけ全く聞こえなくなり、再起動して復活してもすぐに聞こえなくなりました。非常にストレスを感じました。

 

公式サイトでも表記していない使用感

公式サイトには記載がありませんが、使ってみて気付いたことは、右側のイヤホンが親機で左側が子機のような役割を担っているようで、右側のイヤホンを再起動等で電源をオフにすると、左側の音声が止まります。左側のイヤホンは電源をオフにしても右側に影響はありませんでした。
コーデックはAAC(低遅延)対応ですが、コンマ数秒の遅延はしますので、動画視聴時の違和感はあります。筆者はすぐ慣れて気にならなくなりましたが、音ゲーなど音と映像が遅延なしじゃないと楽しめないアプリ等とは相性が悪いです。

 

 

 

スペック詳細まとめ(上位モデルも一緒に!)

f:id:fix-net:20190122160007j:plain

 

  • 現在「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」の2機種有り

 

Zolo Liberty
イヤホン重量:約10g
イヤホンサイズ:高さ約2.5cm×縦約2.5cm×横約2.5cm
ケース(イヤホン込)重量:約76g
ケースサイズ:高さ約3cm×縦約5cm×横約9cm
色:黒と白の2色展開
防水規格:IPX5
アタッチメント:イヤーチップ×3とGripFitジャケット(イヤージャケット)×4
音量・音質:バランスよく良好
対応コーデック:SBC、AAC
連続再生:フル充電で約3.5時間、イヤホンの使用とケースでの充電を繰り返せば約24時間使用可能
接続:ケースから取り出すだけで起動し、5秒程度(初期設定済みで端末のBluetoothがオンの場合)で端末にすぐに接続可能
同梱物:Zolo Liberty、充電ケース、GripFitジャケット(x 4)、イヤーチップ(x 3)、Micro USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わり)、カスタマーサポート
製品型番:Z2000511(ブラック)/ Z2000521(ホワイト)
メーカー希望価格:7,999円(税込)

 

 

 

Zolo Liberty+
イヤホン重量:約10g
イヤホンサイズ:高さ約2.5cm×縦約2.5cm×横約2.5cm
ケース(イヤホン込)重量:約76g
ケースサイズ:高さ約3cm×縦約5cm×横約9cm
色:黒と白の2色展開
防水規格:IPX5
アタッチメント:イヤーチップ×3とGripFitジャケット(イヤージャケット)×4
音量・音質:バランスよく良好
対応コーデック:SBC、AAC
連続再生:フル充電で約3.5時間、イヤホンの使用とケースでの充電を繰り返せば約48時間使用可能
接続:ケースから取り出すだけで起動し、5秒程度(初期設定済みで端末のBluetoothがオンの場合)で端末にすぐに接続可能
同梱物:Zolo Liberty+、充電ケース、GripFitジャケット(x 4)、イヤーチップ(x 3)、Micro USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わり)、カスタマーサポート
製品型番:Z2010511(ブラック)/ Z2010521(ホワイト)
メーカー希望価格:14,980円(税込)

 

 

 

 

 ↓↓こんな記事も書いています↓↓