fix SPORTS

スポーツ総合情報サイト「fix SPORTS」のブログです。子供と遊べる最新のスポーツイベントや趣味のガジェットやファッションについて書いています。

【保存版】黄ばんだスニーカーソールの簡単な漂白方法!!エアフォース1の30周年記念でSupremeとコラボしたスニーカーを漂白!

 

f:id:fix-net:20190716190213j:plain
ほとんど履いていなくて靴箱に放置したままのスニーカーでも日焼けや経年劣化でソールが黄ばんでしまいます。味があるといえば味がありますが、見栄えが悪かったり、不潔に見えたりします。 高価なソール専用の漂白剤を使用しても白く元通りになりますが、どなたでも手に入りやすく安価な衣料用漂白剤を代用してソールを復活させたいと思います。ご紹介する漂白方法は完全に元通りになる保証はないので、お試しになる方は自己責任で真似してください。

 

 

 

 

 

 

黄ばんだ「2012aw Nike Air Force 1 Low Premium 08 NRG Supreme Black」

f:id:fix-net:20190716190252j:plain

「2012aw Nike Air Force 1 Low Premium 08 NRG Supreme Black」はアッパー部分がキャンバス素材のカジュアルなエアフォース1です。エアフォース1の30周年記念でSupremeとコラボしたスニーカーなのですが、ソールが黄ばんで台無しです。黒がメインのスニーカーなので、ソールが黄ばんでいるとただ汚れているように見えます。エアフォース1が黄ばみやすいようで、悩んでいる方は多いようです。 この黄ばんだソールを元の白いソールに戻していきますが、アッパー部分が黒くキャンバス素材なので、万が一漂白剤が付着すると取り返しのつかないことになりそうなので、慎重に漂白していきたいと思います。 ちなみに、アッパー部分は耐水機能を持ったNYCOファブリックが使われていて、多少の水気は弾いてくれるようです。

 

 

必要な道具

f:id:fix-net:20190716190320j:plain

  • 100均のハケ
  • マスキングテープ
  • 漂白剤
  • 漂白剤を入れる容器(小皿)
  • ゴム手袋
  • ラップ

 

ハケ・マスキングテープ・漂白剤を入れる容器などは100円均一ショップなどで購入できます。ラップ・ゴム手袋・漂白剤が家に無い方は、スーパー・ドラッグストアやコンビニでもすぐに手に入ります。下記のリンクから好きなショップを選んで購入するとラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業手順

f:id:fix-net:20190627114457j:plain

 

 

  • 作業時間20分(日光浴時間を除く)
  • 漂白剤の扱い注意
  • マスキングテープは隙間なくしっかり貼る
  • 漂白剤はたっぷり塗る
  • 換気をする
  • 晴れている日に作業する

 

①ソール部分を洗う

大して汚れていない場合は水洗いのみで大丈夫ですし、しつこい汚れがある場合は中性洗剤を使用してブラシやメラミンスポンジで汚れを落とします。

 

②ソール以外の部分をマスキングテープで保護

f:id:fix-net:20190716190639j:plain

ソールの上部数mmを被せて貼っていきます。マスキングテープは水分を通さないですが、不安な方は二重三重にしても良いです。

 

③漂白剤を塗布しやすいように容器に少量を移す
必ず漂白剤使用中は換気をしてください。

 

④ハケでソールに漂白剤を塗布
マスキングテープにも多少付いても大丈夫なので、全体的にたっぷり塗っていきます。この時、ソールから漂白剤が垂れ落ちやすいのでご注意ください。肌に触れると荒れたり、家具や床に落ちると色落ちする可能性があります。

 

⑤ソールをラップで覆う

f:id:fix-net:20190716190723j:plain

漂白剤がすぐに乾燥しないようにラップで覆います。

 

⑥日光で当てる
4,5時間程度、直射日光に晒します。日光は強ければ強いほど効果が出るので、晴れた日を見計らって作業しましょう。

 

⑦漂白剤を洗い流す
洗い残しのないよう、しっかり漂白剤を落とします。

 

ビフォーアフター

f:id:fix-net:20190717111052j:plain

f:id:fix-net:20190717111121j:plain

写真を撮る腕が悪く見にくいですが、肉眼で見るとしっかり白くなっています。真っ白とはいきませんが、もっと白くするには2度3度繰り返すとさらに白くなります。アッパー部分も漂白剤が付着することなく無事でした。

 

 

最後に

道具を揃える費用も低予算で、スニーカーを日光浴させる時間を除けば作業時間も長くはないと思うので、是非真似してみてください。くれぐれも漂白剤の扱いにはご注意ください!

 

 

 

 

 

 ↓↓こんな記事も書いています↓↓