fix SPORTS

スポーツ総合情報サイト「fix SPORTS」のブログです。子供と遊べる最新のスポーツイベントや趣味のガジェットやファッションについて書いています。

Off-white(オフホワイト)のプリントが割れた(剥がれた)ので補修してみた![ショーツ・ショートパンツバージョン]

 

 

 

f:id:fix-net:20180627191948j:plain

最近Off-white(オフホワイト)というアメリカのストリートファッションブランドにハマっています。Off-whiteのアイテムの大胆なプリントが魅力的でカッコいいのですが、度重なる着用や洗濯でプリントが割れ始めました。プリント部分が大きいとその分劣化も目立ちやすく、なんとか補修して可能な限り元に戻したいと思い、方法を見つけ実践してみたので是非参考にしてみてください。あくまで素人の修復方法ですので、参考程度にして頂き、リスクを承知の上で真似して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

Off-white(オフホワイト)とは

f:id:fix-net:20180627192107j:plain

「ラグジュアリーストリート」とも呼ばれ、世界各国の有名人が着用し、世界中で話題になっています。Off-whiteのデザイナーであるヴァージル・アブローはかつてカニエ・ウェストのクリエイティブ・ディレクターを担当していた経験を持ち、現在ではルイヴィトンのメンズ・アーティスティック・ディレクターに就任している、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのファッションデザイナーです。デザインは大胆なプリントが魅力で、斜めのラインやブランド名でもある「WHITE」の文字のプリントが有名です。ブランド立ち上げ当初はメンズラインのアイテムが多かったのですが、女性のリクエストが増え、レディースラインのアイテムも続々と増えています。

 

 

 

プリントが割れた

f:id:fix-net:20180627192200j:plain

全てのアイテムを気に入っているので着用回数が多くなるのは必然なのですが、着用時に子供を抱っこしたり、子供に衣服を引っ張られたりしていたのでプリントにかなり負担がかかっていたようです。たまに洗濯をする時は、必ずプリント部分が内側になるように裏返してネットに入れていましたが、プリント割れは防げませんでした。また、Off-whiteのショーツの股部分の可動部のプリント割れは有名で、まずこの部分が割れます。

 

 

プリント補修に使用する道具

f:id:fix-net:20180627192258j:plain

初心者でも扱いやすい布用インクの「Tシャツくん」とそのインクを塗るための筆とインクのはみ出し防止のマスキングテープです。3つ併せて1500円程度です。あと、はみ出したインクを拭きとるウェットティッシュも用意してください。インクは大手百貨店で扱っていて手に入れやすい「Tシャツくん」というインクを使用しました。「Tシャツくん」は本来、シルクスクリーンを使用してTシャツにプリントをするためのインクで、「Tシャツくん」の製造元である太陽精機株式会社の問い合わせ窓口にも確認しましたが、プリントの補修に使用するものではないとのことでオススメはしないとのことでした。筆は水彩専用ではなく、油絵にも使用できる丈夫な毛を使った筆を選びました。今回は細かい部分の補修をするので細めの筆にしました。マスキングテープは細かい部分も貼れ、しっかりインクのはみ出しを防いでくれそうな太すぎず細過ぎないものを選びました。工作用の安くてシンプルな物を選びましたが、粘着成分が衣服に付かないマスキングテープなら柄入りでも何でもいいと思います。

 

TシャツくんWEBSHOP

 

 

補修手順

マスキングテープ貼り
塗布する部分の周辺のはみ出しそうな箇所に貼ります。プリント部分に貼っても剥がれることはなかったですが、極力プリント部分には貼らないことをお勧めします。

f:id:fix-net:20180627192600j:plain

 

インク準備
適当な器に適量取ります。

f:id:fix-net:20180627192613j:plain

 

塗布
はみ出さないよう塗布します。
はみ出しても、インクが水性なのでウェットティッシュで少しこすれば取れます

 

乾燥
Tシャツくんのサイトの説明通りによく乾燥させ、当て布をして中温のドライアイロンを2分間ほどあてたいところですが、周辺のプリント部分への影響も考え、今回はパスします。アイロンをかければ、洗濯機で洗っても補修した部分のインクが落ちなくなります。

 

完成
良い感じです。

f:id:fix-net:20180627192649j:plain

 

ビフォーアフター
プリントの間から黒い生地が見えないので、ある程度近くから見ても違和感はほぼなしです。ただ、アイロンをかけていないので、洗濯時は注意が必要です。可能な方は生地や他のプリント部分に注意してアイロンをかけて、補修部分を補完してください。

f:id:fix-net:20180627192938j:plainf:id:fix-net:20180627192959j:plain

 

 

まとめ

素人が補修した割には上出来かと思います。遠目で見て割れが目立たないですし、近くで見ても以前ほど違和感がありません。道具代もそんなにかからないので、是非試してみてください。次回はパーカーやパンツの斜線部分のプリントの補修をしてみたいと思います。

 

 

 ↓↓こんな記事も書いています↓↓